カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

当社コンサルテーションへのご要望・ご質問・お問合せはこちら

株式会社イーコンプライアンスが提供するサービス、それは「品質」です。
今後とも当社のサービスをご利用くださいますよう、お願いいたします。

お知らせ



  • 【IEC-62304対応】規程・手順書ひな形販売開始

    (サンプルはこちら [規程][手順書]


    本邦において、2017年11月より、IEC 62304(医療機器ソフトウェア ‐ ソフトウェアライフサイクルプロセス)が、実質的な規制要件となりました。
    IEC 62304は、2006年5月に発行され、日本では2012年にJIS化(JIS T 2304)されました。
    米国FDAにおいても、2008年7月にRecognized Consensus Standardと認定されています。

    IEC 62304は「医療機器ソフトウェア」の開発と保守に関するプロセスを規定しています。
    日本以外でも、欧州・北米・中国などにおいて、医療機器申請時にIEC 62304に基づくソフトウェア開発の証拠が必要です。
    つまり、IEC 62304に従って、「医療機器ソフトウェア」を開発しなければ、国内外においてソフトウェアを搭載した医療機器(単体プログラムを含む)を販売することができません。 しかしながら、 IEC 62304は非常に難解です。具体的に、どのような対応をとればよいのでしょうか。

    一般にIEC 62304のようなプロセス規格は各社によってまちまちの解釈が行われ、手順書の内容が大きく異なってしまいます。
    ・IEC 62304を読んでも、対応すべき内容や方法が分からない。
    ・IEC 62304を読んでも、どこまでやるべきなのかの範囲が分からない。
    ・IEC 62304の詳細の内容が、不明なまま文書構築を行っている。
    などといった疑問点が多く寄せられます。

    本「IEC 62304対応規程・手順書ひな形」を導入いただくことによってIEC 62304に準拠したQMSを効率的・効果的に作成することができます。







  • 【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】

    ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式


    (サンプルはこちら [規程][手順書]


    医療機器設計開発においてはIEC62366-1:2015に従い、人間工学的な要素を取り入れ、適切にリスクマネジメントを行う必要があります。


    また、FDAはユーザビリティエンジニアリングに関するガイダンス
    「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」
    を2016年2月に発出し、ユーザビリティ起因の事故を防ぎ、ユーザの安全性を確保するための取組を企業に求めています。


    ユーザビリティエンジニアリングは医療機器設計において欠かすことができない要素の一つであり、 かつ当局の関心が非常に高い分野でもあります。


    本ひな形はIEC62366-1:2015および「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」に対応しています。

    本ひな形をご購入いただくことで、ユーザビリティエンジニアリングに関する規制およびガイダンスに準拠したQMSを効率的に作成していただくことができます。




  • 本社移転のお知らせ(5/7)

    株式会社イーコンプライアンスは2018年5月7日より、本社を下記住所に移転することとなりました。

    〒106-0032 
    東京都港区六本木4-1-16
    六本木ハイツ706号室
    Tel 03-6441-3364
    Fax 03-6441-3365

    詳しくは こちら








  • ※過去のお知らせは こちら

新着商品

8月開催セミナー

(8/1)低損失・高効率化を実現する磁性材料の選定と最適活用技術
(8/3)結論を導き、行動へと繋げる効果的な会議の準備と進め方
(8/6)医療機器企業におけるCSV実践セミナー
(8/6)<構造物の動的な設計や振動対策を適切に行うための>『振動工学 入門』〜振動現象の本質を理解する〜〜振動低減・高減衰への考え方を学ぶ〜
(8/6)マイクロLED最新動向徹底解説
(8/7)スマートテキスタイルの要素技術と国内外の最新動向・今後の展望
(8/8)酸化防止剤・光安定剤 活用のコツ
(8/8)高分子塗膜の物性と評価・測定
(8/8)<実務で役立つ>ゼータ電位の体系的ACな理解と活用
(8/8)革新的テーマ・アイデアを『継続的』に創出する『体系的・組織的』な仕組みづくり
(8/9)日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応
(8/9)水素社会と燃料電池の最新動向と今後のビジネス・チャンス
(8/10)進歩性の意味、本当に理解できていますか?
(8/10) 樹脂・ゴム技術者なら抑えておきたい熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向)
(8/10) <新しいタイプのフェノール樹脂>ポリベンゾオキサジンの基礎・分子設計と耐熱性・強靭化・柔軟性の向上
(8/22) 高分子の結晶化および核剤、透明化剤の選び方・使い方
(8/22) シランカップリング剤の効果的活用のための総合知識と勘どころ
(8/23) 溶解度パラメータ(HSP値)活用のための応用ノウハウ最前線
(8/23)【超入門】コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー
(8/24)【中級編】コンピュータバリデーションセミナー
(8/23、24)【超入門・中級編】コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー2日間コース
(8/24)バッテリマネジメントとセルバランス技術
(8/27)機械学習による実験計画法
(8/27)錠剤製造での問題(粉体・打錠・添加剤特性など)解決事例と工業化の留意点
(8/27)香りの生理・心理的評価手法の課題と 新評価法による製品開発等への活用
(8/28)化粧品における広告表現規制と“魅せる”テクニック
(8/28)シリンジ・注射剤容器材料選定と試験法およびプレフィルドシリンジの材料選定と品質基準
(8/28)試験検査室のGMP管理と国内当局査察・監査での指摘を見据えた事前対応
(8/28)ディープラーニングの基礎とロボットの環境認識・行動学習への応用
(8/28)スパッタリング法入門
(8/29)光メタマテリアルの基礎・加工技術 および応用展開と今後の展望
(8/29)塗布膜乾燥の基礎、メカニズムと最適化、品質保持のコツと勘どころ
(8/30)バリアフィルム技術の総合知識
(8/30)有害事象名/副作用名の適切な用語選択と臨床検査値・病態・進行状況による違い
(8/30)高性能マイクロ熱輸送・冷却デバイス技術と応用展開
(8/31)高分子複合材料の強度と耐衝撃性
(8/31)医薬品の製品回収判断・タイミングと事例考察

オンラインセミナー(セミナーアーカイブ)

2018年5月28、29日開催セミナー
blue 【徹底解説】ISO-13485:2016対応2日間セミナーnew 75,600円(税込)
2018年5月17日開催セミナー
blue <超入門>コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナーnew 48,600円(税込)
2018年5月18日開催セミナー
blue <中級編>コンピュータバリデーションセミナーnew 48,600円(税込)
2018年4月23日開催セミナー
blue FDA査察対応セミナー【入門編】new 48,600円(税込)
2018年4月24日開催セミナー
blue FDA査察対応セミナー【データインテグリティ編】new 48,600円(税込)
2018年4月16日開催セミナー
blue 医療機器ソフトウェア規制への具体的な対応方法new 48,600円(税込)
2018年4月17日開催セミナー
blue 医療機器企業におけるCSV実践セミナーnew 48,600円(税込)
2017年11月17日開催セミナー
blue 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナーnew 48,600円(税込)
2018年2月16日開催セミナー
blue 製薬企業における品質リスクマネジメントセミナーnew48,600円(税込)
くわしくは、こちらをご参照ください。

おすすめ商品

RSS

ページトップへ